スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼底検査してきた

糖尿病網膜症の疑いがあるので、近所の眼科に行ってきた
なぜ近所じゃないといけないかと言うと、眼底検査の後に眩しくなって車の運転してはいけないからとの事
一体どんな検査するのか興味もあった

生まれてこの方眼科なんて通ったこともないんだが、視力は0.2以下の乱視
眼鏡かけていると頭がクラクラするから、もう視力なんて回復しねーんだろうなぁと諦めている

普通の視力低下と違い、糖尿病網膜症というのは血糖値が高くなることで目の動脈、静脈から眼底出血が起こり、視力が下がるというもの
この眼底出血から単純網膜症、酷くなると増殖網膜症に至り、最悪の場合失明するというのが糖尿病網膜症のメカニズムらしい
厄介なのは、単純網膜症は年齢が若いほど生じやすいということ

検査はまず普通の視力検査をしてから、眼圧検査を行う
その後、瞳孔を開かせる目薬をしてから20分程放置プレイ
この瞳孔を開かせることで、光に対する感度を上げるようで、故に自動車の運転をしてはいけないのである
多分個人差もあると思うが、瞳孔を開くと確かに違和感がある
普通は片目だけ瞳孔を開かせるんだけど、目の前がモヤモヤとしたボヤケた状態になる、痛みなどはない
この状態で眼底検査をするが、眼科医が眼球の中をライトで確認するのだ
私の場合、特に眩しいと感じることはなかったが、眼圧検査のほうが苦手だった
検査の結果は綺麗な眼底ということで、今のところ網膜症は併発していないようである
ただ、今後も引き続き経過観察が必要だということで、数ヶ月単位で定期的に通わないといけないことになった

これでしばらくは失明することがないようなので、ホッと一安心
一人暮らしで失明とか完全に積むよね
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。